作業療法(Occupational Therapy:OT)    [リハビリテーションはこちら]

作業療法とは?

お子さまの体や手の機能、あそび、食事や着替えなどの日常的動作、コミュニケーション能力、就学に向けての学習動作など、お子さま一人ひとりの特徴や興味に合わせて、楽しく取り組めるような活動の中で個別指導を行います。
「できる!」を増やすため、環境(人との関わりも含む)や道具の工夫、自助具の導入などの提案も行います。必要に応じてグループ形態での遊び、レクリエーション活動を通して子どもの発達を促します。

作業療法(OT)の様子
 

作業療法室(個室)

お子さまが課題に集中しやすいように

個室で行うこともあります。

 

作業療法室(マット)

お子さまの好きなおもちゃがおいて

あったり、マット上におりて身体を

動かしたりリラックスできるスペース

があります。

 
         
 

作業療法室(ADL)

キッチンや洗面台など日常生活に関連

した応用的な動作の練習ができます。

※ADL:日常生活動作

 

プレイルーム

トランポリンなどの遊具を使って様々

な感覚刺激に対しての身体の動かし方

の練習や、好きな刺激をみつけて

コミュニケーションの基礎となる

やりとりを促します。

 
         

 
ページのトップへ戻る